トップ研究著書動画論文受賞教育経歴
TopResearchBookVideoPaperAwardTeachingResume

トップ > 発表論文・講演等

審査付き論文(査読論文)

英文

  1. Kawasaki, A., Ichihara, N., Ochii, Y., Acierto, R.A., Kodaka, A., Win, W.Z. (2017) Disaster response and river infrastructure management during the 2015 Myanmar floods: a case in the Bago River Basin. International Journal of Disaster Risk Reduction, 24, 151–159. doi:10.1016/j.ijdrr.2017.06.004 (1.3MB)
  2. Kawasaki, A., Yamamoto, A., Koudelova, P., Acierto, R.A., Nemoto, T., Kitsuregawa, M., Koike, T. (2017) Data Integration and Analysis System (DIAS) Contributing to Climate Change Analysis and Disaster Risk Reduction. Data Science Journal, accepted. doi: 10.3178/hrl.9.97
  3. Dang, A.N., Kawasaki, A. (2017) Integrating biophysical and socio-economic factors for land-use and land-cover change projection in agricultural economic regions. Ecological Modelling, 344C, 29-37. doi:10.1016/j.ecolmodel.2016.11.004.
  4. Trang, N.T.T., Shrestha, S., Shrestha, M., Datta, A., Kawasaki, A. (2017) Evaluating the impacts of climate and land-use change on the hydrology and nutrient yield in a transboundary river basin: A case study in the 3S River Basin (Sekong, Sesan, and Srepok). Science of The Total Environment, 576(15), 586–598. doi:10.1016/j.scitotenv.2016.10.138.
  5. Raja, N.B., Cicek, I., Turkoglu, N., Aydin, O., Kawasaki, A. (2017) Landslide susceptibility mapping of the Sera River Basin using logistic regression model. Natural Hazards, 85(3), 1323–1346. doi:10.1007/s11069-016-2591-7.
  6. Bhagabati, S.S., Kawasaki, A. (2017) Consideration of the rainfall-runoff-inundation (RRI) model for flood mapping in a deltaic area of Myanmar. Hydrological Research Letters  11(3), 155–160.
  7. Tahira, Y., Kawasaki, A. (2017) The impact of the Thai Flood of 2011 on the rural poor population living in the flood plain. Journal of Disaster Research, 12(1), 147-157. doi: 10.20965/jdr.2017.p0147.
  8. Hong, P.T., Kawasaki, A.  (2017) Increasing community awareness of earthaquake risk through the eductiaon of chidren: A case stud of Dien Bien City, Vietnam. Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM), accepted.
  9. Sayasane, R., Kawasaki, A., Shuresta, S., Takamatsu, M. (2016) Assessment of potential impacts of climate and land use changes on stream flow: a case study of the Nam Xong Watershed in Lao PDR, Journal of Water and Climate Change, 7(1), 184-197. doi:10.2166/wcc.2015.050.
  10. Babur, M., Babel, MS., Shrestha, S., Kawasaki, A., Tripathi, N. (2016) Assessment of climate change impact on reservoir inflows using multi climate-models under RCPs—The case of Mangla Dam in Pakistan. Water, 8(9), 389-416. doi:10.3390/w8090389.
  11. Dang, A.N., Kawasaki, A. (2016) A Review of Methodological Integration in Land-Use Change Models. International Journal of Agricultural and Environmental Information Systems. 7(2), 1-25. doi:10.4018/IJAEIS.2016040101.
  12. Aitsi-Selmi, A., Murray, V., Wannous, C., Dickinson, C., Johnston, D., Kawasaki, A., Stevance, A.-S., Yeung, T., et al. (2016) Reflections on a science and technology agenda for 21st century disaster risk reduction. Based on the scientific content of the 2016 UNISDR Science and Technology Conference on the Implementation of the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction 2015–2030. International Journal of Disaster Risk Science, 7(1), 1-29. doi:10.1007/s13753-016-0081-x. (524KB)
  13. Win, W.Z., Kawasaki, A., Win, S. (2015) River Flood Inundation Mapping in the Bago River Basin, Myanmar, Hydrological Research Letter, 9(4), 97-102. (4.8MB)
  14. Fakhruddin, S.H.M., Kawasaki, A., Babel, M.S. (2015) Community responses to flood early warning system: Case study in Kaijuri Union, Bangladesh, International Journal of Disaster Risk Reduction, 14(4), 323-331. doi:10.1016/j.ijdrr.2015.08.00.
  15. Agarwal, A., Babel, MS., Maskey, S., Shrestha, S., Kawasaki, A., Tripathi, N. (2015) Analysis of temperature projections in the Koshi River Basin, Nepal, International Journal of Climatology, 36(1), 266–279. doi:10.1002/joc.4342.
  16. Fakhruddin, S.H.M., Babel, M.S., Kawasaki, A. (2015) Assessing the vulnerability of infrastructure to climate change on the Islands of Samoa, Nat. Hazards Earth Syst. Sci., 15, 1343-1356. doi:10.5194/nhess-15-1343-2015. (980KB)
  17. Henry, M., Kawasaki, A., Takigawa, I., Meguro, K. (2015) The impact of income disparity on vulnerability and information collection: An analysis of the 2011 Thai flood. Journal of Flood Risk Management. doi:10.1111/jfr3.12144.
  18. Takamatsu, M., Kawasaki, A., Malakie, J., Rogers, P. (2014) Development of a land-use forecast tool for future water resources assessment: case study for the Mekong River 3S Sub-basins. Sustainability Science. 9(2), 157-172. doi:10.1007/s11625-013-0225-5.
  19. Hina, S., Kawasaki, A., Qasim, M. (2014) Landslide susceptibility analysis using GIS and logistic regression model: A case study in Malang, Indonesia. Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM), 6(2), 117-129. (2.9MB)
  20. Htut, A.Y., Shrestha, S., Nitivattananon, V., Kawasaki, A. (2014) Forecasting climate change scenarios in the Bago River Basin, Myanmar. J. Earth Sci. & Clim. Change. 5(9), doi:10.4172/2157-7617.1000228. (1.7MB)
  21. Bhagabati, S.S., Kawasaki, A., Babel, M.S., Ninsawat, S., Rogers, P. (2014) A cooperative game analysis of transboundary hydropower development in the Lower Mekong: Case of the 3S Sub-basins. Water Resources Management,28(11), 3417-3437. doi:10.1007/s11269-014-0594-2.
  22. Kawasaki, A., Berman, L.B., Guan, W. (2013) The growing role of web-based geospatial technology in disaster response and support. Disasters, 37(2), 201-221. doi:10.1111/j.1467-7717.2012.01302.x.
  23. Babel, M.S., Fakhruddin, S.H.M., Kawasaki, A. (2013) A decision support framework for flood risk assessment: an application to the Brahmaputra River in Bangladesh. Floods: From Risk to Opportunity (IAHS Publ.) 357, 263-272.
  24. Komori, D., Nakamura, S., Kiguchi, M., Nishijima, A., Yamazaki, D., Suzuki, S., Kawasaki, A., Oki, K., Oki, T. (2012) Characteristics of the 2011 Chao Phraya River flood in Central Thailand.  Hydrological Research Letters, 6, 41-46. (529KB)
  25. Kawasaki, A., Yoshida, S., Sadohara, S. (2011) Methods and techniques for promoting a multidisciplinary environmental research project using GIS. Asian Journal of Environment and Disaster Management (AJEDM), 3(3), 301-315. (962KB)
  26. Kawasaki, A., Takamatsu, M., He, J., Rogers, P., Herath, S. (2010) An integrated approach to evaluate potential impact of precipitation and land-use change on streamflow in Srepok River Basin. GIS-理論と応用, 18(2), 9-20. (2.4MB)
  27. Ty, T.V., Babel, M.S., Sunada, K., Oishi, S., Kawasaki, A. (2009) Utilization of a GIS-Based water infrastructure inventory for water resources assessment at local level: A case study in mountainous area of Vietnam. Hydrological Research Letters, 3, 27-31. (1.1MB)
  28. Kawasaki, A., Fujimaki, R., Kaneko, N., Sadohara, S. (2009) Using GIS for assessing stream water chemistry in a forested watershed. GIS-理論と応用, 17(1), 53-62. (2.9MB)
  29. Fujimaki, R., Kawasaki, A., Fujii, Y., Kaneko, N. (2008) The influence of topography on the stream N concentration in the Tanzawa Mountains, Southern Kanto District, Japan. Journal of Forest Research, 13(6), 380-385. doi:10.1007/s10310-008-0089-1.

和文

  1. 川村元輝,川崎昭如(2017)開発途上国の洪水と貧困の関係性に関する研究:ミャンマーでの地区レベルにおけるケーススタディ. 地域安全学会論文集, 31, 掲載決定.
  2. 小高暁,近藤伸也,川崎昭如(2017)アジアの地方農村地域における情報伝達過程の改善策の提案 —タイと日本の事例比較を通して—,災害情報, 15, 掲載決定.
  3. 齋藤自快, 川崎昭如(2017)不確実性を考慮した国際河川の提携支援ツールの開発―メコン川における水力発電施設開発を対象に―.水文・水資源学会誌, 30(3), 149-160.
  4. 米原慎, 川崎昭如, 竹内渉 (2017) 将来の土地利用変化が洪水氾濫域に及ぼす影響の評価:ミャンマー・バゴー川流域におけるケーススタディ. GIS-理論と応用, 25(1), 23-32.
  5. 田平由希子, 川崎昭如(2017)東南アジアの洪水常襲地帯における住民の災害対応と支援の関係:タイとミャンマーの比較分析から.水文・水資源学会誌,30(1), 18-31. (1.1MB)
  6. 小高暁,川崎昭如 (2016) 住民に対する災害警報伝達効果の可視化に関する検討:タイ山間農村地域における屋外スピーカー及びSMSによる警報発信の社会実験. GIS-理論と応用, 24(2), 125-135.
  7. 瀬戸祥太, 下園武範, 田島芳満, 川崎昭如 (2016) ヤンゴン川合流域における潮流特性に関する研究. 土木学会論文集  B2(海岸工学), 72(2), I_1669-I_1674.
  8. 田平由希子,川崎昭如(2016)タイ中部における農村と洪水の関係「貧しい村」と「豊かな村」はなぜ存在するのか. 地域安全学会論文集, 29, 269-278. (2.1MB)
  9. 川崎昭如, 市原裕之, 落井康裕, 小高暁(2016)2015年ミャンマー水害に対する政府の対応と河川管理施設および水路の洪水対策機能.地域安全学会論文集, 28, 31-40. (8.1MB)
  10. 田平由希子, 川崎昭如 (2015)洪水常襲地帯における貧困と洪水の関係についての一考察:2011年タイ大洪水の影響と農村貧困層の非移動性に着目して.地域安全学会論文集, 27, 167-177. (1.2MB)
  11. 小高暁, 川崎昭如 (2015) タイ王国の山間・農村地域における災害情報伝達手段の多重化に関する分析.地域安全学会論文集, 27, 199-204. (987KB)
  12. 小高暁, 川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也 (2014) タイ東北部での携帯電話による災害情報伝達の効果分析:SMSメッセージを利用した山間・農村地域での実証実験.地域安全学会論文集, 24, 191-199. (2.3MB)
  13. 田平由希子, 川崎昭如 (2014) 2011年ミャンマー国バゴー川洪水における地方防災体制に関する分析:住民への情報伝達と行政の支援体制に着目して.地域安全学会論文集, 23, 33-43. (1.1MB)
  14. 川崎昭如, 居山拓矢, 目黒公郎 (2014) 地震災害時の在留外国人の情報ニーズに関する分析:東京大学留学生を対象とした一考察.災害情報12, 124-133. (1MB)【研究ノート】
  15. 川崎昭如,ヘンリーマイケル,目黒公郎(2013)東日本大震災後の各国政府の勧告と在住外国人の行動との関係.地域安全学会論文集, 21, 219-227. (1.6MB)
  16. ヘンリー マイケル,川崎昭如,目黒公郎(2013)2011年タイ洪水時の社会格差と災害情報収集に関する分析.地域安全学会論文集, 21, 241-250. (2.4MB)
  17. 小高暁, 川崎昭如, 大原美保,小森大輔,ニンサワット・サラワット (2013) タイ王国の山間・農村地域における携帯電話を活用した災害情報伝達手段に関する検討.地域安全学会論文集, 21, 189-198. (1.7MB)
  18. 田平由希子,川崎昭如,市原裕之(2013)民政移行後のミャンマー中央政府の防災体制と今後の課題.地域安全学会論文集, 21, 241-250. (1.3MB)
  19. 小高暁, 川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也, 小森大輔, アディソーン・サンタララック (2013) タイ東北部山間・農村地域の災害情報伝達手段におけるSMSの導入可能性に関する調査分析. 地域安全学会論文集, 19, 9-16. (857KB)
  20. 川崎昭如, 高松正嗣 (2013) 水資源政策支援のための土地利用の将来予測ツールの開発 - メコン川3S支流域での水需要予測のケーススタディ –. GIS-理論と応用, 21(1), 65-76.
  21. 中村晋一郎,小森大輔,木口雅司,西島亜佐子,山崎大,鈴木聡,Fernandez,J., 梯滋郎,Mateo,C., 岡根谷実里,恒川貴弘,湯谷啓明,川崎昭如,沖一雄,沖大幹 (2013) 2011年タイ王国チャオプラヤ川洪水における水文及び氾濫の状況.水文・水資源学会誌, 26(1), 38-46.【技術・調査報告】
  22. 川崎昭如,Henry, M., 目黒公郎 (2012) 言語能力の違いに着目した東日本大震災後の外国人の災害情報収集分析. 地域安全学会論文集, 18, 373-380. (10.1MB)
  23. Henry, M., 川崎昭如, 目黒公郎 (2012) 東日本大震災後の外国人退避の意思決定と災害情報収集過程の関係. 地域安全学会論文集, 18, 381-390. (11.6MB)
  24. 石川哲也,川崎昭如,目黒公郎 (2012) 山陰地方豪雪災害時のTwitterユーザによる情報発信行動の分析.地域安全学会論文集, 17, 135-143. (11.2MB)
  25. 西島亜佐子,中村晋一郎,小森大輔,木口雅司,Fernandez,J.,梯滋郎,Mateo,C., 岡根谷実里,恒川貴弘,湯谷啓明,川崎昭如,沖一雄,乃田啓吾, 飛野智宏, Chaminda, G., 片山浩之, 沖大幹 (2012) 2011年タイ王国チャオプラヤ川大洪水の氾濫流の流下に着目した水質調査.水環境学会誌, 187-195. (3.2MB)【調査報告】
  26. 川崎昭如,小森大輔,中村晋一郎,木口雅司,西島 亜佐子,沖一雄,沖大幹,目黒公郎 (2012) 2011年タイ王国チャオプラヤ川洪水における緊急災害対応:政府機関の組織間連携と情報共有に着目して.地域安全学会論文集,17,109-117. (15.4MB)
  27. 川崎昭如,目黒公郎 (2010) ウェブマッピングによる大規模災害対策支援の新動向:2010年ハイチ地震の分析と考察.地域安全学会論文集, 12, 233-242. (11.8MB)
  28. 金子慶之, 有馬眞, 小野紘斗, 佐藤理恵子, 岩垣拓也, 川崎昭如 (2007) 西丹沢中川上流域に分布するトーナル岩母材土壌の構造と地球化学的特性: 長期モニタリングに向けた基盤データの構築. 地質學雜誌, 113(12), 611-627. (3.3MB)
  29. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 (2007) 水資源GISアプリケーションArc Hydroの概説と米国における事例紹介. GIS-理論と応用, 15(1), 29-37. (1.0MB)【研究・技術ノート】
  30. 川崎昭如, 富田瑞樹 (2007) 東アジアの生物圏保存地域の管理におけるGISの応用-UNESCO『人間と生物圏計画(MAB)』によるGISトレーニング・コースに参加して. GIS-理論と応用,  15(1), 39-44. (682KB)
  31. 川崎昭如, 佐土原聡(2006) 急傾斜地とその被災危険区域の抽出手法についての考察-レーザープロファイラ・データとDEMの空間解析と崩壊履歴の活用可能性. 地域安全学会論文集, 8, 15-22. (701KB)
  32. 川崎昭如, 鈴木亘, 朴英眞, 佐土原聡, 浦野紘平 (2005) 学際的環境研究を支援する大学内空間データ共有システムの構築-『生物・生態環境リスクマネジメント』における国際的研究・情報発信拠点の形成 その1. GIS-理論と応用, 13(1), 83-89. (2.0MB)【研究・技術ノート】
  33. 朴英眞, 川崎昭如, 佐土原聡 (2004) 緊急対応GISのための空間データマトリクスの提案 -横浜市保土ヶ谷区のケーススタディによる有用性の検討. 地域安全学会論文集, 6, 95-101. (1.2MB)
  34. 有村陽介, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 (2003) GISを基盤とする震災対応ナレッジマネジメントシステムの概念設計. 地域安全学会論文集, 5, 71-76. (766KB)
  35. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 (2003) 統計的手法による横浜市の崖崩壊の要因分析-行政の防災対策業務支援のための既存情報の活用. 日本建築学会計画系論文集, 569, 125-130. (773KB)
  36. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 (2003) GIS(地理情報システム)を活用したハザードマップの公開・提供が市民の防災意識に与える影響に関する調査研究. 日本建築学会計画系論文集, 569, 109-115. (1.2MB)
  37. 川崎昭如, 服部一樹, 浦川 豪, 中島徹也, 佐土原聡 (2001) 崖災害対策へのGISの活用 -崖およびその被災危険区域の抽出と雨量による崩壊危険区域の公開. GIS-理論と応用, 9(2), 25-32.  (4.0MB)

▲ページトップへ戻る

特許

▲ページトップへ戻る

国際会議等講演発表

  1. Kawasaki, A., Win, W.Z., Acierto, R., Shimozono, T., Tajima, Y., Bhagabati, S., Shirai, N., Kohtake, N. Inclusive flood disaster risk reduction in the Bago River basin, Proceedings of the Seventh International Conference on Science and Engineering, 2016 (7th ICSE 2016), pp. 483-487, Yangon, Myanmar, Dec. 2015.
  2. Kawamura, G., Kawasaki, A., Win, W.Z. The relationship between flood and poverty: The case study in Myanmar, Proceedings of the Seventh International Conference on Science and Engineering, 2016 (7th ICSE 2016), pp. 888-893, Yangon, Myanmar, Dec. 2015.
  3. Kawasaki, A., Ikoma, E. Data Integration and Analysis System (DIAS) applications in flood and drought analysis using real-time data, Belmont Forum Workshop on e-Infrastructures and Data Management, Paris, France, Nov. 2016.
  4. Moiz, A., Kawasaki, A., Koike, T., A GIS based approach for hydropower site selection and potential evaluation of the Kunhar River Basin, Pakistan. International Association of Geo-informatics, E-2-3, Tokyo, Japan, Oct. 2016.
  5. Kawasaki, A., Koike, T. Science and technology contributing to disaster resilience and sustainable development , SciDataCon 2016: Advancing the Frontiers of Data in Research, Denver, USA, Oct. 2016.
  6. Kawasaki, A., Experience from IRDR Japan National Committee from January 2015 to present, 1st Workshop to Strengthen Scientific Advisory Capacities for Disaster Risk Reduction, Bangkok, Thailand, Aug. 2016.
  7. Kawasaki, A., Experience from IRDR Japan National Committee from January 2015 to present, 15th Meeting of the IRDR Science Committee, Paris, France, May. 2016.
  8. Kawasaki, A., Promoting Asian Water Cycle Initiative (AWCI) through Data Integration and Analysis System (DIAS), Asia Water Cycle Symposium (AWCS2016), Tokyo, Japan, Mar. 2016.
  9. Kawasaki, A., Data Integration and Analysis System (DIAS) for disaster risk reduction. UNISDR Science and Technology Conference on the Implementation of the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction 2015-2030, Geneva, Switzerland, Jan. 2016.
  10. Kawasaki, A., Win, W.Z., Bhagabati, S., Acierto, R., Shimozono, T., Shirai, N., Kodaka, A., Kohtake, N., Tajima, Y., Koike, T. Multilateral Investigation for Developing a Flood Disaster Management System in the Bago River Basin, Proceedings of the Sixth International Conference on Science and Engineering, 2015 (6 th ICSE 2015), pp.153-158, Yangon, Myanmar, Dec. 2015.
  11. Meguro, K., Yu, K.T., Kawasaki, A., Nagai, K., Sekimoto, Y., Takeuchi, W., Murao, O. Development of A Comprehensive Disaster Resilience and Collaboration Platform in Myanmar as A SATREPS Project. Proceedings of the Sixth International Conference on Science and Engineering, 2015 (6 th ICSE 2015), pp.xx-xx, Yangon, Myanmar, Dec. 2015.
  12. Kodaka, A., Kawasaki, A., Combination of different means for effective warning in a rural mountainous area, Proceedings of the Fourteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Kathmandu, Nepal, Oct. 2015.
  13. Kawasaki, A., Data sharing for Asian Water Cycle Initiative and DIAS (Data Integration Analysis System), The Eighth Asia-Pacific GEOSS Symposium, Beijing, China, Sep. 2015.
  14. Bhagabati S.S., Kawasaki A., Cooperative framework for hydropower development. Proceedings of The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environments (CIU 2015), Tokyo, Japan, Mar. 2015.
  15. Kodaka, A., Kawasaki, A., Visualization of disseminated disaster information at rural mountainous areas in Thailand. Proceedings of The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environments (CIU 2015), Tokyo, Japan, Mar. 2015.
  16. Henry, M., Kawasaki, A., Addressing diversity for post-disaster support of foreigners in Japan: a study on the 2011 Great East Japan Earthquake, The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience, Tokyo, Japan, Jan. 2015.
  17. Kodaka, A., Kawasaki, A., A trial to investigate the possibility of SMS to be a medium for warning the public at rural mountainous areas in Thailand, The Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience, Tokyo, Japan, Jan. 2015.
  18. Aung, M.K., Kawasaki, A., Win, W.Z., Mapping flood inundation in the Bago Basin, Myanmar, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  19. Shwe, H.H., Kawasaki, A., Investigating socio-economic impacts of flood on the people affected by poverty: Case study in Bago, Myanmar, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  20. Kodaka, A., Kawasaki, A., Ohara, M., Kondo, S., Effect of text message of mobile phone for disaster information dissemination to rural mountainous are in Thailand, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  21. Dang, A.N., Kawasaki, A., Integration modelling approach for land-use change projection, Case-study in DakLak, Vietnam, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  22. Henry, M., Kawasaki, A., International tourists as a vulnerable population during disaster events in Japan, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  23. Shelly, W., Win, W.Z., Kawasaki, A., Development of flood inundation map for the Bago River, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  24. Kondo, S., Kawasaki, A., Ohara, M., Kodaka, A., Santhararuk, A., Ota, K., Analysis on disaster information dissemination process in a rural mountainous area, northeast Thailand –Comparison with heavy rain disaster in a rural mountainous area, Japan-, Proceedings of the Thirteenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Yangon, Myanmar, Nov. 2014.
  25. Fakhruddin, S.H.M., Babel, M.S., Kawasaki, A. Development of an Impact-Oriented Quantitative Coastal Inundation forecasting and early warning system with social and economic assessment, EGU General Assembly Conference. 16 (1651), Vienna, Austria, Apr. 2014.
  26. Fakhruddin, S.H.M., Babel, M.S., Kawasaki, A., Webster, P.J., Vulnerability and Risk Assessment of Extreme Weather Events-A Case Study from Bangladesh, AGU Fall Meeting. 16 (1631), San Francisco, USA, Dec. 2013.
  27. Kawasaki, A., Henry, M., Takigawa, I., Meguro, K.  Effect of foreign government advisories on foreigners’ post-disaster action after the 2011 Great East Japan Earthquake, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 353-361, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  28. Henry, M., Kawasaki, A., Meguro, K.  Information collection and vulnerability of foreign students during the 2011 Tohoku Earthquake and 2011 Thai Flood, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 431-442, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  29. Hong, P.T, Warnitchai, P., Kawasaki, A.  Increasing community awareness of earthquake risk through children education: A case study of Dien Bien City in Vietnam, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 453-465, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  30. Dang, A.N., Kawasaki, A.  The integration approach for broad-scale land-use change prediction modelling, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 569-579, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  31. Bhagabati, S.S., Kawasaki, A.  Comparing benefits of hydropower development in two boundary systems in the Mekong, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 677-678, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  32. Kondo, S., Kawasaki, A., Ohara, M.  Development of simulation exercise for emergency response headquarters focused on management by objectives, Proceedings of the Twelfth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 675-676, Hanoi, Vietnam, Oct. 2013.
  33. Bhagabati, S.S., Kawasaki, A.  Comparing benefits of hydropower development in two boundary systems in the Mekong. 3rd International Conference on International Relations and Development (ICIRD 2013), 740-749, Bangkok, Thailand, Aug. 2013.
  34. Fakhruddin, S.H.M., Babel, M.S., Kawasaki, A.  Ensembles Flood Forecasting Application at the Community Level. 2013 AGU Meeting of the Americas, Cancun, Mexico, May 2013.
  35. Kawasaki, A., Henry, M., Meguro, K. Analysis of disaster information gathering behavior and language ability after the 2011 Tohoku earthquake, Proceedings of the Eleventh International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 263-272, Ulaanbaatar, Mongolia, Oct. 2012.
  36. Henry, M., Kawasaki, A., Meguro, K. Disaster information collection by Thai and foreigners during the 2011 Thai flood, Proceedings of the Eleventh International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 43-54, Ulaanbaatar, Mongolia, Oct. 2012..
  37. Fakhruddin, S.H.M., M.S. Babel, Kawasaki, A., A decision support framework for integrated land, water and food security. Regional workshop on Water, Land and Southeast Asia Food Sovereignty, Bogor Agriculture University, Indonesia, 18-19 September, 2012.
  38. Kawasaki, A., Henry, M., Meguro, K. Comparing the disaster information gathering behavior and post-disaster actions of Japanese and foreigners in the Kanto area after the 2011 Tohoku Earthquake. 15th World Conference of Earthquake Engineering, Lisbon, Portugal, Sep. 2012.
  39. Meguro, K., Kawasaki, A., Henry, M. An analysis of the information dissemination channels among foreigners after the 2011 Tohoku Earthquake considering language ability. The Great East Japan Earthquake Succession Workshop 2012, Iwaki, Fukushima, Aug. 2012..
  40. Kawasaki, A., Takamatsu, M., Rogers, P.  Development of Land Use Prediction Model for Future Water Resource Management. Proceedings of the 2012 Esri International User Conference, San Diego, USA, Jul. 2012.
  41. Kawasaki, A., Takamatsu, M., Rogers, P.  Development and Application of a Land-Use Prediction Model for Future Water Resources Management in the Greater Mekong Subregion. Proceedings of the International Conference on GMS 2020: Balancing Economic Growth and Environmental Sustainability, 255-262, Bangkok, Thailand, Feb. 2012.
  42. Kawasaki, A., Henry, M., Meguro, K.  Disaster information gathering behavior of people in the Kanto region after the Tohoku Earthquake: General overview. Proceedings of the Tenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 45-56, Chiang Mai, Thailand, Oct. 2011.
  43. Henry, M., Kawasaki, A., Meguro, K.  Disaster information gathering behavior of people in the Kanto region after the Tohoku Earthquake: Foreign students. Proceedings of the Tenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 149-162, Chiang Mai, Thailand, Oct. 2011.
  44. Takamatsu, M., Kawasaki, A., Rogers, P., Rangarajan, S. A modeling framework for water resources management in the 3S Basin. Proceedings of the 14th World Lake Conference, XX-XX, Austin, USA,  Oct. 2011.
  45. Kawasaki, A., Meguro, K.  Emerging web and geospatial technology revolutionizes disaster response with public involvement. Proceedings of the Ninth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 327-338, Kobe, Japan, Oct. 2010.
  46. Kawasaki, A., Konishi, H., Herath, S.  Spatial data sharing for tansboundary basins: Catering for climate and ecosystem change adaptation. Proceedings of the International workshop on Climate Change Response for Asia International Rivers: Opportunities and Challenges, CD, Beijing, China, Feb. 2010.
  47. Kawasaki, A., Rogers, P., Herath, S., Meguro, K.  Cross-boundary water resources adaptation: comparing a watershed approach and a political unit approach. Proceedings of the Eighth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 95-103, Incheon, Korea, Oct. 2009.
  48. Kawasaki, A., Rogers, P., Herath, S., Meguro, K.  Considering the impact of climate and land cover change on a local hydrological flow: The case study of Srepok River Basin in Vietnam and Cambodia. Proceedings of the Seventh International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 355-365, Beijing, China, Dec. 2008.
  49. Meguro, K., Kawasaki, A., Torres, T.  Integrated information system for landslide disaster management. Proceedings of the Seventh International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 287-296, Beijing, China, Dec. 2008.
  50. Kawasaki, A., Rogers, P., Herath, S., Meguro, K.  Considering the impact of climate and land cover change on a local hydrological flow: A case study of Srepok River Basin in Vietnam and Cambodia. Proceedings of the 29th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Aug. 2008.
  51. Kawasaki, A., Herath, S., Meguro, K.,  Developing a universal water resource assessment model for sustainable water security: The case of Kanagawa Basin, Japan and the Mekong River Basin. Harvard University Poster Session for American Association of Geographers (AAG), Boston, USA, Apr. 2008.
  52. Kawasaki, A., Herath, S., Meguro, K.,  Developing a universal water resource assessment model for sustainable water security: The case of Kanagawa Basin, Japan and the Mekong River Basin. Georeferencing Workshop of the Center for Geographic Analysis at Harvard University,Boston, USA, Mar. 2008.
  53. Kawasaki, A., Herath, S., Meguro, K.,  Developing a universal water resource assessment model for sustainable water security. Proceedings of the Sixth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, CD, Dhaka, Bangladesh, Dec. 2007.
  54. Kawasaki, A., Sadohara, S.,  Developing watershed environment analysis system using Arc Hydro. Proceedings of the 27th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Aug. 2006.
  55. Fujimaki, R., Sakai, A., Tomita, M., Kawasaki, A., Kaneko, N.,  Soil N dynamics in an urban forest ecosystem in Tanzawa Mountains – does topography matter? The Second Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies, Niigata, Japan, Mar. 2006.
  56. Sadohara, S., Kawasaki, A., Park, Y., Suzuki, W.,  Developing a spatial data and information sharing platform for environmental risk management, Proceedings of International Symposium on Sustainable Development of AsiaCity Environment. 391-394, Xi’an, China, Nov. 2005.
  57. Kawasaki, A., Sato, Y., Sadohara, S.,   Building and exploitation of geodatabase system of water resource circulation. Tsinghua University-Yokohama National University Environmental GIS workshop 2005, Beijing, China, Oct. 2005. (30MB)
  58. Kawasaki, A., Sato, Y., Sadohara, S.,  Creating an Integrated Water Geodatabase for Environmental Risk Management. Proceedings of the Fourth Inter-national Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 489-498, Singapore, Singapore, Oct. 2005. (24MB)
  59. Fang, J., Kawasaki, A., Sadohara, S.,  Development of a slope failure management system using ArcGIS Server. Proceedings of the 25th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Aug. 2005.
  60. Kawasaki, A., Fang, J., Inagaki, K., Sadohara, S.,  I.T. for urban landslide management: Using existing data to achieve e-government. Proceedings of the 1st International Conference of Urban Disaster Reduction, Paper # 6, Kobe, Japan, Jan. 2005. (18MB)
  61. Inagaki, K., Okanishi, Y., Kawasaki, A., Sadohara, S.,  Analysis of causes of slope failures by statistical approach using inspection records. Proceedings of the 1st International Conference of Urban Disaster Reduction, Paper # 5, Kobe, Japan, Jan. 2005.
  62. Kawasaki, A., Sadohara, S.,  Development of slope failure disaster management system in urban area:  The utilization of existing data toward e-municipal government. Proceedings of the Third International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 83-92, Agra, India, Oct. 2004.
  63. Kawasaki, A., Yoshida, S., Sadohara, S.,  Personnel's response-activity support map against earthquake disaster. Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering, Paper # 2261 (CD), Vancouver, Canada, Aug 2004. (1.5MB)
  64. Kawasaki, A., Park, Y., Yoshida, S., Sadohara, S.,  Environmental risk management for bio/eco-system: Information and education program. Proceedings of the 24th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Aug. 2004.
  65. Kawasaki, A., Sadohara, S.,   Development of slope failure disaster management system -The utilization of existing data toward e-municipal government. Joint Workshop on US-Japan Cooperative Researches in Urban Earthquake Disaster Mitigation, Los Angeles, USA, Dec. 2003. (10MB)
  66. Kawasaki, A., Yoshida, S., Sadohara, S.,  The utilization of GIS for the measure against slope failure disaster in urban area. Proceedings of the 23rd ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Jul. 2003. (22MB)
  67. Kawasaki, A., Sadohara, S.,   The utilization of GIS for the measure against slope failure disaster in urban area. Joint Workshop on US-Japan Cooperative Researches in Urban Earthquake Disaster Mitigation, Long Beach, USA, Jan. 2003. (11MB)
  68. Kawasaki, A., Yoshida, S., Sadohara, S.,  The utilization of GIS for the measure against slope failure disaster in urban area. Proceedings of the 22nd ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Jul. 2002. (35MB)
  69. Kawasaki, A., Yoshida, S., Sadohara, S.,  Disclosing of disaster information on the Web, Proceedings of the 21st ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Jul. 2001. (19MB)
  70. Kawasaki, A.,Yoshida, S., Sadohara, S., A Study on the hazard evaluation for landslide and debris flow. Proceedings of the 20th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Jul. 2000. (11MB)
  71. Kawasaki, A., Sadohara, S., Scenario type seismic damage estimation for Yokohama Japan. Proceedings of the 19th ESRI International User Conference, CD, San Diego, USA, Jul. 1999.

▲ページトップへ戻る

国内学会・シンポジウム発表講演梗概・審査なし学術雑誌

  1. 川村元輝,川崎昭如, 洪水地帯における貧困の地理的特性: ミャンマーにおけるケーススタディ.D-6-3, 第25回地理情報システム学会研究発表大会,東京都品川区, 2016年10月.
  2. 米原慎,川崎昭如, 開発途上国における土地利用変化が洪水氾濫域に及ぼす影響の評価.C-5-1, 第25回地理情報システム学会研究発表大会,東京都品川区, 2016年10月.
  3. Bhagabati S.S., Kawasaki A.,  Flood inundation damage estimation model for the Bago basin, Myanmar.C-5-4, 第25回地理情報システム学会研究発表大会,東京都品川区, 2016年10月.
  4. 川崎昭如, ミャンマーの水害と貧困の削除を目指した国際科学技術協力、「世界をリードする日本の防災技術とその国際展開」、第1回防災推進国民大会、東京都文京区、2016年8月.
  5. 川崎昭如, 洪水と貧困の関連性分析:ミャンマーでの地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の取組み、「災害は貧困を加速する:持続可能な開発に向けた減災・防災の貢献」、第1回防災推進国民大会、東京都文京区、2016年8月.
  6. 川崎昭如, 地球観測と防災・減災科学の連携.『学術の動向』,21(3), 115-117, 2016年3月.
  7. 小高暁, 川崎昭如, 情報伝達範囲の可視化によるSMSを利用した警報の有効性評価―タイ王国農村地域での実証実験を通して―.第24回地理情報システム学会研究発表大会,東京都港区, 2015年10月.
  8. Bhagabati S. S., Kawasaki A., Hydrological modelling and flood inundation mapping in the Bago basin, Myanmar. 第24回地理情報システム学会研究発表大会,東京都港区, 2015年10月.
  9. 北本朝展, 川崎昭如, 絹谷弘子, 玉川勝徳, 柴崎亮介, 喜連川優, 地球環境情報統融合プログラムDIAS データ共有に基づく社会課題解決. 科学技術振興機構『情報管理』誌58(6), 413-421, 2015年9月.
  10. 小高暁,川崎昭如, 伝達手段間の災害情報伝達効果の比較:-タイ王国ルーイ県での実証実験. 生産研究, 67(4), 333-336, 2015年7月.
  11. アスタティアニアマリア, 川崎昭如, 目黒公郎, 首都直下地震時の外国人の震度別暴露人口と対応の検討:-インドネシア人を対象とした調査分析. 生産研究, 67(4), 333-336, 2015年7月.
  12. Bhagabat S. S., Kawasaki A., A GIS-based framework for hydropower development in the lower M QWEekong basin. 第23回生研フォーラム「宇宙からの地球環境・災害のモニタリングとリスク評価」, Tokyo, Japan, Mar. 2015
  13. Henry, M., Kawasaki, A., Takigawa, I., and Meguro, K. Modeling of media usage for disaster information collection during the 2011 Thai flood. 土木学会第69回年次学術講演会, 29-30, 大阪府豊中市, 2014年9月.
  14. 小高暁, 川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也, タイ王国でのSMS を利用した災害情報伝達の実証実験報告. 生産研究, 66(4), 351-357, 2014年9月. (1.3MB)
  15. Dang, A. N., 川崎昭如, Integrated modelling approach for land-use change projection, Case-study in Dak Lak, Vietnam. 生産研究, 66(4), 359-367, 2014年9月. (745KB)
  16. Bhagabati, S., 川崎昭如, Game theory as a tool for dispute management in shared resource utilization. 生産研究, 66(4), 369-373, 2014年9月. (162KB)
  17. 川崎昭如, ヘンリーマイケル, 目黒公郎, 東日本大震災後の諸外国・地域の勧告と外国人の退避行動の関係分析. 生産研究, 65(4), 387-394, 2013年12月. (652KB)
  18. 石川哲也, 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, 目黒公郎, 2011年台風12号豪雨水害における十津川村出身者によるTwitterアカウント運用の分析. 生産研究, 65(4), 473-479, 2013年12月. (4.6MB)
  19. 小森大輔, 川崎昭如, 森田敦郎, チャオプラヤ川の学際踏査研究 その1 -パッサク川の水害実態に関する調査報告-. 生産研究, 65(4), 481-485, 2013年12月. (3.3MB)
  20. 川崎昭如, 小森大輔, 森田敦郎, チャオプラヤ川の学際踏査研究 その2 -地方行政・地方自治行政の災害対応についての基礎調査-. 生産研究, 65(4), 487-489, 2013年12月. (377KB)
  21. 森田敦郎, 小森大輔, 川崎昭如, チャオプラヤ川の学際踏査研究 その3 -流域社会と灌漑システムの変遷に関する予備的考察-. 生産研究, 65(4), 491-494, 2013年12月. (508KB)
  22. ヘンリーマイケル, 川崎昭如, 目黒公郎,  収入格差が2011年チャオプラヤ川洪水時の市民の災害情報収集に与えた影響. 生産研究, 65(4), 497-500, 2013年12月. (1.9MB)
  23. 松下朋子, 佐原孝紀, 崎昭, 大原美保, 近藤伸也, アンサリー メヘディ アーメッド , ラーマンMd.マフィズール , 目黒公郎,  バングラデシュにおける水害時の災害情報伝達に関する調査: ダッカ近郊農村における取り組みの事例から. 生産研究, 65(4), 501-508, 2013年12月. (4.3MB)
  24. Dang A.N., 川崎昭如土地利用変化予測モデルに関する研究動向. 生産研究, 65(4), 509-515, 2013年12月. (128KB)
  25. 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, Sunthararuk, A., 小高暁, 防災計画と行政組織に着目したタイ・ルーイ県の災害情報伝達システムのあり方の検討. 32回日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 32, xx-xx,北海道北見市, 2013年9月.
  26. 松下朋子,佐原孝紀,川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也, バングラデシュにおける水害時の災害情報伝達に関する調査-ダッカ近郊農村における取り組みの事例から-. 68回土木学会年次学術講演会講演概要集, 68, xx-xx, 千葉県習志野市, 2013年9月.
  27. 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, Sunthararuk, A., Kaewmoracharoen, M., 中山間地域における日タイ間の災害情報伝達システムの比較. 第30回日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 31, 75-76, 青森県弘前市, 2012年9月.
  28. 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, Sunthararuk, A., Kaewmoracharoen, M., タイ王国ルーイ県における災害情報伝達システム. 第67回土木学会年次学術講演会講演概要集, 67, II-18, 愛知県名古屋市, 2012年8月.
  29. 中園悦子, 沢田治雄, 遠藤貴宏, 川崎昭如 (2012) MODISの森林減少情報を用いたカンボジア森林被覆図の更新. 生産研究, 64(4), 581-584. (421KB)
  30. 川崎昭如, Henry, M., 目黒公郎 (2012) 東日本大震災後の外国人の災害情報収集過程 その1:日本人と外国人の情報収集比較分析. 生産研究, 64(4), 483-490. (910KB)
  31. 川崎昭如, Henry, M., 目黒公郎 (2012) 東日本大震災後の外国人の災害情報収集過程 その2:退避行動の違いによる分析. 生産研究, 64(4), 491-495. (749KB)
  32. Henry, M., Kawasaki, A., Meguro. K. (2012) Foreigners' disaster information gathering behavior after the 2011 Tohoku Earthquake Part 3: Analysis of foreign students considering their post-disaster action. 生産研究, 64(4), 497-503. (433KB)
  33. 川崎昭如, 近藤伸也, 大原美保, 小森大輔, 小高暁, Kaewmoracharoen, M., Shrestha, S., Ninsawat, S., Sunthararuk. A. (2012) タイの山間・農村地域の災害情報伝達システム その1 ‐調査研究の概要‐. 生産研究, 64(4), 505-508. (809KB)
  34. 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, Sunthararuk, A., Kaewmoracharoen, M. (2012) タイの山間・農村地域の災害情報伝達システム その2 ‐日本の事例との比較によるシステム導入の検討‐. 生産研究, 64(4), 539-543. (709KB)
  35. 川崎昭如, 近藤伸也, 大原美保, 小森大輔, 小高暁, Kaewmoracharoen, M., Shrestha, S., Ninsawat, S., Sunthararuk. A. (2012) タイの山間・農村地域の災害情報伝達システム その3 ‐行政や住民とのワークショップによる課題抽出‐. 生産研究, 64(4), 509-513. (565KB)
  36. 小高暁, Sunthararuk, A., 川崎昭如, 大原美保, 近藤伸也, 小森大輔 (2012) 山間・農村地域コミュニティで求められる災害情報とその伝達手段:タイ王国ルーイ県でのアンケート調査. 生産研究, 64(4), 515-520. (1.2MB)
  37. 小高暁, Sunthararuk, A., 川崎昭如 (2012) ウェブマッピングによる災害情報の提供・共有手法の動向: 2011年タイ洪水の事例分析. 生産研究, 64(4), 521-525. (1.6MB)
  38. 石川哲也, 近藤伸也, 川崎昭如, 大原美保, 目黒公郎 (2012) 災害時におけるTwitter利用の特徴と課題の整理 ‐Twitterアカウント運用者の視点に立って‐. 生産研究, 64(4), 545-552. (475KB)
  39. 大原美保, 近藤伸也, 川崎昭如, 田中淳 (2012) 2011年9月台風12号豪雨災害でのエリアメールによる情報伝達状況の調査 ‐香川県三木町での調査速報‐. 生産研究, 64(4), 553-556. (522KB)
  40. 川崎昭如, 高松正嗣 (2012) 水資源政策分析のための土地利用予測ツールの開発 ‐メコン川3S支流域でのケーススタディ‐. 生産研究, 64(4), 565-570. (1.6MB)
  41. Henry, M., 川崎昭如, タイ王国・チェンマイで開催された10th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia (USMCA2011)参加報告, コンクリート工学, 50(3), pp.299-300, 2012年3月.
  42. 石川哲也, 沼田宗純, 川崎昭如, 目黒公郎, 山陰地方豪雪災害時のTwitterユーザによる情報発信行動の分析, 31回土木学会地震工学研究発表会講演論文集, 2011年11月.
  43. 川崎昭如, 目黒公郎 (2011) 災害リスク軽減と都市環境の改善に向けた住宅への雨水貯留槽の設置可能性に関する基礎的研究. 生産研究, 63(4), 451-456. (2.4MB)
  44. 川崎昭如, 目黒公郎 (2010) 2010年ハイチ地震で見られたウェブマッピングによる災害対応支援の新動向. 生産研究, 62(4), 409-416. (3.1MB)
  45. 伊東明彦, 川崎昭如, 酒井暁子 「冬季衛星データを利用した丹沢山地の植生解析」, 日本リモートセンシング学会第49回(平成22年度秋季)学術講演会講演集, 鹿児島県鹿児島市, 2010年11月.
  46. 川崎昭如 「ハイチ地震で見られた地理空間情報技術の活用による災害対応支援の新動向」, 地理情報システム学会講演論文集, 19, 京都府京都市, 2010年10月.
  47. 酒井暁子, 藤巻玲路, 北川涼, 川崎昭如 「地形が規定する森林の構造 - 侵食作用が卓越する丹沢山地の例」, 日本生態学会第56回全国大会, 岩手県盛岡市, 2009年3月.
  48. Torres, T., Kawasaki, A., Meguro, K. (2008) Integrated Information System for Landslide Disaster Management. 生産研究, 60(6), 579-582.
  49. 川崎昭如, スリカンタ・ヘラート, ピーター・ロジャース, 目黒公郎 「気候変動と土地利用の変化が地域レベルの河川流に与える影響の考察:スレポック川流域でのケーススタディ」, 地理情報システム学会講演論文集, 17, 405-410, 東京都目黒区, 2008年10月.
  50. 川崎昭如, Herath Srikantha, 目黒公郎 「Water Security政策を支援する統合的水資源評価モデルの開発に向けての基礎的研究」, 東京大学空間情報科学研究センターCSIS DAYS2007 全国共同利用研究発表大会研究アブストラクト集, 13, 千葉県柏市, 2007年11月. (614KB)
  51. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「GISを活用した学際的環境管理プロジェクトの推進手法に関する研究」, 地理情報システム学会講演論文集, 16, 127-132, 北海道札幌市, 2007年10月.
  52. 藤巻玲路, 川崎昭如, 酒井暁子, 金子信博 「丹沢山地における森林生態系の窒素動態と地形的特長」, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 千葉県, 2007年5月.
  53. Tawakul Yarmuhamed, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如 「ウルムチ地域水資源需給平衡評価環境及び対策に関する研究」, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 千葉県, 2007年5月.
  54. 酒井暁子, 川崎昭如, 藤巻玲路, 金子信博 「削剥作用が卓越する丹沢山地における森林の空間構造」, 第118回日本森林学会大会J07, 福岡県, 2007年4月.
  55. 金子信博, 藤巻玲路, 酒井暁子, 川崎昭如 「窒素負荷に対する西丹沢森林生態系の反応」, 第118回日本森林学会大会, J07, 福岡県, 2007年4月.
  56. 川崎昭如, 藤巻玲路, 酒井暁子, 金子慶之, 金子信博, 佐土原聡 「森林渓流水の水質調査地点の選定に関する研究」, 地理情報システム学会講演論文集, 15, 387-390, 東京都世田谷区, 2006年10月.
  57. 川崎昭如, 藤巻玲路, 酒井暁子, 金子慶之, 金子信博, 佐土原聡 「森林渓流水の水質調査地点の選定と水質形成要因の分析に関する研究」, 東京大学空間情報科学研究センターCSIS DAYS2006 全国共同利用研究発表大会研究アブストラクト集, 23, 千葉県柏市, 2006年10月. (970KB)
  58. 川崎昭如, 佐藤裕一, 吉田聡, 佐土原聡 「流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームの構築に向けた基本概念 流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームに関する研究 その1」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 467-468, 神奈川県横浜市, 2006年9月.
  59. 吉田幸平, 佐藤裕一, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「神奈川県流域の上水道維持管理の視点からみた水源環境評価に関する研究 流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームに関する研究 その3」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 471-472, 神奈川県横浜市, 2006年9月.
  60. 吉田翔, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如, 佐藤裕一 「伊勢原市におけるGISを用いた主成分分析による都市構造の把握に関する研究 流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームに関する研究 その4」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 473-474, 神奈川県横浜市, 2006年9月.
  61. 佐藤裕一, 泉真彦, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如 「神奈川県伊勢原市内中小規模河川におけるGISを用いた流域環境評価 流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームに関する研究 その5」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 475-476, 神奈川県横浜市, 2006年9月.
  62. 井上裕允, 寺畠勇貴, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如, 佐藤裕一 「伊勢原市における親水性の現状と親水期待地区の抽出-流域圏環境アセスメントのための空間情報プラットフォームに関する研究 その6」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 477-478, 神奈川県横浜市, 2006年9月.
  63. 金子信博, 藤巻玲路, 石川正弘, 酒井暁子, 富田瑞樹, 川崎昭如 「西丹沢における森林土壌の窒素動態-地質, 崩壊, 植生の関係-」, 日本森林学会大会学術講演集, 117, 314, 東京都世田谷区,  2006年4月.
  64. 藤巻玲路, 酒井暁子, 富田瑞樹, 川崎昭如, 金子信博 「都市近郊林丹沢山地における森林土壌の窒素動態-地形は窒素無機化に影響するか?」, 東アジア生態学会連合(EAFES)2回大会講演集, 新潟県新潟市, 2006年3月.
  65. 川崎昭如, 佐土原聡 「GISを基盤とした環境リスクマネジメントのためのプラットフォーム」, 4回「生物・生態環境リスクマネジメント」シンポジウム講演要旨集, 横浜国立大学21世紀COEプログラム「生物・生態環境リスクマネジメント」事務局, 59-72, 神奈川県横浜市, 2006年3月.
  66. 藤巻玲路, 酒井暁子, 川崎昭如, 富田瑞樹, 石川正弘, 金子信博 「西丹沢における森林土壌の窒素動態」, 4回「生物・生態環境リスクマネジメント」シンポジウム講演要旨集, 横浜国立大学21世紀COEプログラム「生物・生態環境リスクマネジメント」事務局, 59-72, 神奈川県横浜市, 2006年3月.
  67. 方吉, 川崎昭如, 稲垣景子, 佐土原聡 「GISを活用した行政データの共有手法に関する研究-崖崩壊予測Webアプリケーションの開発-」, 地域安全学会梗概集, 17, 19-20, 静岡県静岡市, 2005年11月.
  68. 川崎昭如, 鈴木亘, 佐藤裕一, 佐土原聡 「神奈川県の水環境マップの作成-生きものたちの水の共同利用県域の形成に向けて」, 東京大学空間情報科学研究センター全国共同利用研究発表大会第8回年次シンポジウム研究アブストラクト集, 8, 東京都文京区, 2005年9月. (420KB)
  69. 土井真貴子, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如 「丹沢大山地域における集水域特性分析に関する研究-」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 619-620, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  70. 井上裕允, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如 「神奈川県における現存植生と人的活動の関係性に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 617-618, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  71. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「丹沢・大山地域における研究者・市民団体・市民の連携のあり方に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 615-616, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  72. 方吉, 稲垣景子, 川崎昭如, 佐土原聡 「神奈川県における崖崩れ災害対応支援システムの構築に関する研究 その2 崖崩れ災害対応支援システムの構築」, 日本建築学会大会学術講演梗概, D-1, 603-604, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  73. 入部淑美, 佐土原聡. 吉田聡, 稲垣景子, 川崎昭如, 岡西靖 「神奈川県における崖崩れ災害対応支援システムの構築に関する研究 その1 システム導入による業務フロー改善の検討」, 日本建築学会大会学術講演梗概, D-1, 601-602, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  74. 今増圭介, 川崎昭如, 佐土原聡 「レーザープロファイラーと数値標高モデルによる崖とその被災危険区域の抽出」, 日本建築学会大会学術講演梗概, D-1, 593-594, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  75. 神田陽二郎, 佐土原聡, 吉田聡, 川崎昭如 「空間情報技術を活用した緑地の環境機能の評価に関する研究 横浜市中心部を対象として」, 日本建築学会大会学術講演梗概, D-1, 585-586, 大阪府東大阪市, 2005年9月.
  76. 川崎昭如, 佐土原聡 「2001年ニューヨークWTCビル崩壊災害におけるGISの活用に関する調査研究 その2 -ニューヨーク関連機関へのインタビュー調査を通して」, 地域安全学会梗概集, 16, 1-4, 岩手県田老町, 2005年5月.
  77. 稲垣景子, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「リアルタイム崖崩壊予測システムに関する研究開発」, 地域安全学会梗概集, 15, 5-6, 静岡県静岡市, 2004年11月.
  78. 朴英眞, 鈴木亘, 川崎昭如, 古屋貴司, 吉田聡, 佐土原聡 「大学内空間情報共有データベースシステムの構築に関する開発研究-「生物・生態環境リスクマネジメント」の国際的研究・情報発信拠点の形成 その2」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 1065-1066, 北海道札幌市, 2004年8月.
  79. 川崎昭如, 朴英眞, 吉田聡, 佐土原聡 「生物・生態環境リスクマネジメント」情報国際提供・教育プログラムの概要-「生物・生態環境リスクマネジメント」の国際的研究・情報発信拠点の形成 その1」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, D-1, 1063-1064, 北海道札幌市, 2004年8月.
  80. 奥村真子, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「緊急危機管理対応における空間情報技術の活用に関する研究 NY/WTCビル崩壊災害調査と横浜市における緊急対応のケーススタディ」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 325-326, 北海道札幌市, 2004年8月.
  81. 朴英眞, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「緊急対応マニュアルにおける空間データ活用の分析-危機管理対応GISの開発 その2」, 地域安全学会梗概集, 14, 85-88, 和歌山県田辺市, 2004年5月.
  82. 川崎昭如, 奥村真子, 吉田聡, 佐土原聡, 林春男 「2001年ニューヨークWTCビル崩壊災害におけるGISの活用に関する調査研究の概要-危機管理対応GISの開発 その1」, 地域安全学会梗概集, 13, 109-110, 静岡県静岡市, 2003年11月.
  83. 方吉, 川崎昭如, 佐土原聡, 吉田聡, 稲垣景子 「データウェアハウスとGISを連携したリアルタイム崖崩壊予測システムの開発」, 地域安全学会梗概集, 13, 105-108, 静岡県静岡市, 2003年11月.
  84. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究(その4)-インターネットを活用した災害情報の提供に向けての個人情報の取り扱いに関する検討」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 499-500, 愛知県名古屋市, 2003年9月.
  85. 有村陽介, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「GISを基盤とする震災対応ナレッジマネジメントシステムの構築に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 497-498, 愛知県名古屋市, 2003年9月.
  86. 澤田匠, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「大震災時における横浜駅周辺の避難誘導計画に関する研究-時間帯別の人口変動を考慮したシナリオ想定」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 479-480, 愛知県名古屋市, 2003年9月.
  87. 木原工, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「横浜市における急傾斜地を取り巻く環境に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 435-436, 愛知県名古屋市, 2003年9月.
  88. 大間知倫, 川崎昭如, 高嶋三郎 「地方公共団体・自治体などにおける要援護者(災害弱者)対策指針 マニュアルの整備状況について」, 地域安全学会梗概集, 12, 165-168, 静岡県静岡市, 2002年11月.
  89. 前村恒, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究(その3)-横浜市保土ヶ谷区における生活情報の一部としての提供」, 地域安全学会梗概集, 12, 155-156, 静岡県静岡市, 2002年11月.
  90. 木原工, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「横浜市における急傾斜・崖の崩壊の危険要因に関する研究」, 地域安全学会梗概集, 12, 185-188, 静岡県静岡市, 2002年11月.
  91. 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究(その3)-横浜市民を対象としたアンケート調査と分析」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 585-586, 石川県金沢市, 2002年8月.
  92. 森岡寛江, 有村陽介, 川崎昭如, 佐土原聡, 吉田聡 「都市における地震災害直後の意思決定支援システムの開発に関する基礎的研究(その2)-消防本部(消防署所)の消火活動のためのシステムの試作」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 271-272, 石川県金沢市, 2002年8月.
  93. 森岡寛江, 川崎昭如, 佐土原聡, 吉田聡 「都市における地震災害直後の意思決定支援システムの開発に関する基礎的研究(その1)-緊急対応におけるGISとシナリオ的手法の活用」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 269-270, 石川県金沢市, 2002年8月.
  94. 木原工, 東大志, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「降雨にともなう崖災害の危険性に関する研究(その2)-横浜市におけるGISを活用したケーススタディ」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 215-216, 石川県金沢市, 2002年8月.
  95. 東大志, 木原工, 川崎昭如, 吉田聡, 佐土原聡 「降雨にともなう崖災害の危険性に関する研究(その1)-横浜市におけるGISを活用したケーススタディ」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 213-214, 石川県金沢市, 2002年8月.
  96. 森岡寛江, 齊藤友朗, 川崎昭如, 佐土原聡 「都市の震災対策へのGISの活用に関する基礎的研究-横浜市のおけるシナリオ展開のケーススタディ」, 地域安全学会梗概集, 11, 141-144, 静岡県静岡市, 2001年11月.
  97. 川崎昭如, 前村恒, 浦川豪, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究-横浜市におけるアンケート調査を通した考察」, 地域安全学会梗概集, 11, 81-84, 静岡県静岡市, 2001年11月.
  98. 大間知倫, 川崎昭如, 高嶋三郎 「横浜市の要援護者に対する地区社会福祉協議会の防災の取組」, 地域安全学会梗概集, 11, 53-56, 静岡県静岡市, 2001年11月.
  99. 木原工, 東大志, 川崎昭如, 中島徹也, 佐土原聡 「降雨による急傾斜・崖の崩壊の危険性に関する研究」, 地域安全学会梗概集, 11, 9-10, 静岡県静岡市, 2001年11月.
  100. 川崎昭如, 前村恒, 浦川豪, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究(その2)-WebGIS(インタ-ネット地理情報システム)を活用した伝達手法の検討と住民への意識調査」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 507-508, 東京都, 2001年9月.
  101. 前村恒, 川崎昭如, 佐土原聡 「自治体等の災害関連情報の公開のあり方に関する研究(その1)-WebGIS(インタ-ネット地理情報システム)を活用した伝達手法の検討と住民への意識調査」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 505-506, 東京都, 2001年9月.
  102. 川崎昭如, 前村恒, 吉田聡, 浦川豪, 佐土原聡 「自治体等の災害危険に関する情報公開のあり方に関する基礎研究-WebGIS(インタ-ネット地理情報システム)を活用した伝達手法に関する検討-」, 地域安全学会梗概集, 10, 33-36, 静岡県静岡市, 2000年11月.
  103. 川崎昭如, 佐土原聡, 村上處直 「地震災害後の住宅復興計画における地理情報システム(GIS)の活用に関する研究-阪神・淡路大震災における応急仮設住宅建設の分析」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 361-362, 福島県郡山市, 2000年9月.
  104. 茂木智之, 川崎昭如, 鄭炳表, 浦川豪, 佐土原聡, 村上處直 「地理情報システム(GIS)を活用したシナリオ型被害想定に関する研究(2)-横浜市における古地図の利用に関する研究」, 日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, 451-452, 福岡県福岡市, 1998年9月.

▲ページトップへ戻る

研究成果報告書

  1. Kawasaki, A., Kanipong, K., Kim, H., Pansuk, W. (2013) 6th Joint Student Seminar on Civil Infrastructures, ICUS Report, 72, 288 pages, ISBN4-903661-67-9.
  2. Kawasaki, A., Kanipong, K., Kim, H., Henry, M., Pansuk, W. (2012) 5th Joint Student Seminar on Civil Infrastructures, ICUS Report, 64, 214 pages, ISBN4-903661-59-8.
  3. Kawasaki, A. (2012) Workshop on Disaster Information Dissemination System for Local Community in Rural Mountainous Area. ICUS Report, 60, 106 pages, ISBN4-903661-55-5.
  4. Kawasaki, A. ,Yoshimoto. E., (2011) Proceedings of the Tenth International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia. ICUS Report, 56, 894 pages, ISBN4-903661-51-2.
  5. Kim, H., Kawasaki, A., Park, K.H., Limanond, T., Kanipong, K. (2011) 4th Joint Student Seminar on Civil Infrastructures, ICUS Report, 57, 216 pages, ISBN4-903661-52-0.
  6. Kawasaki, A.(2011) Forefront and Challenges of Water Resources Management in Southeast Asia. ICUS Report, 53, 159 pages, ISBN4-903661-46-6.
  7. Kawasaki, A. (2011) Forefront and Challenges of Geospatial Technologies for Environment and Disaster Management in Southeast Asia. ICUS Report, 48, 152 pages, ISBN4-903661-41-5.
  8. Kawasaki, A., Kim, H., Park, K.H., Tanaka, S., Kanipong, K. (2010) 3rd Joint Student Seminar on Civil Infrastructures, ICUS Report, 45, 252 pages.

▲ページトップへ戻る

報道・商業誌における解説、記事

  1. 研究教育活動をアジアからリード!国際色豊かなアジア工科大学院に迫る,ArayZ, 17, 22-25, Global Dimension Media Co.,Ltd., 2013年5月. (556KB) (480KB)
  2. "Online tools 'decentralising disaster relief efforts'", SciDev.Net, 2013年2月4日 (英語、スペイン語).
  3. 「外国人が海外退避した理由 - 災害情報源によって行動に差 -」, リスク対策.com, 30, 58-60,  新建新聞社, 2012年3月. (1.8MB)
  4. 川崎昭如, スリカンタ・ヘラート (2010) GISでグローバルな課題の解決に挑む‐国際連合大学サステイナビリティと平和研究所, GIS NEXT, 33, 12-15. (1.4MB)
  5. Kawasaki, A. (2010) RNUS:  ICUS’s Regional Network Office for Urban Safety in Bangkok, Thailand, ICUS Newsletter, 10 (2), 9.
  6. Kawasaki, A. (2010) Exploring environmental change adaptation covering disaster management aspects using watershed as a unit, ICUS Newsletter, 10 (1), 5.
  7. Kawasaki, A. (2009) Japan’s expected role for transboundary collaboration in the Mekong region, ICUS Newsletter, 9 (3), 5.
  8. Thinking globally and mapping locally: Akiyuki Kawasaki maps water flow in the developing world. HarvardScience, Harvard Office of News and Public Affairs, Dec. 2008.
  9. 川崎昭如, 朴英眞(2004)学際的研究のための空間データ共有システム. ArcGIS Case Studies 1, 34-35, ESRIジャパン株式会社. (420KB)
  10. 川崎昭如 (2002) ハザードマップの作成と公開・提供に関する技術の展望. 消防科学と情報, 69, 36-40, 財団法人消防科学総合センター.
  11. 「災害情報もパソコンで」, 朝日新聞朝刊(神奈川県版), 朝日新聞社, 2000年12月. (345KB)

▲ページトップへ戻る