目的とビジョン

東京大学が2006年より構築してきたデータ統合・解析システム(DIAS)を基盤として、1) 水循環と水関連分野の観測データや数値モデル、社会経済データの効果的な統融合研究を推進し、2) それにより得られる科学知を体系化した教育を行うとともに、3) 国内外での調整を通したDIASの広範な社会実装および公共的利益を創出する広域ネットワークの確立を目的として設置されました。

観測データや数値モデル、社会経済データを効果的に統合するDIASを用いて、水循環と環境・災害・経済などの水関連分野のデータや情報を統融合し、それにより得られる科学知を体系化して広く社会に実装し、公共的利益を創出します。またそれを通じた地球規模課題の解決と、持続可能な開発への貢献を目指します。

詳しく読む

科学的知見の創出

ビッグデータの統合と解析を通じた科学的知見の創出

教育

データ統融合により得られる科学知を体系化した教育の実施

公共的利益の創出

気候予測による水害軽減など地球規模課題解決への貢献

研究内容

本寄付講座では、地上観測や観測衛星から得られたデータと、気象予測モデルや地理情報、社会経済情報を統合的に用いて、水害の軽減や水資源管理に有用な情報を提供し、社会インフラ整備の計画立案や施策決定に応用します。また、気候、生物多様性、農業、都市、災害、経済の各分野と水分野のデータモデルを結合するデータ基盤を構築し、地球規模課題解決のためのパイロットスタディを国内外で推進します。

期待される効果

国内外の研究グループ、諸機関との協力と調整によって、水循環と水関連分野のデータや情報の統合的利用が進められ、データ・情報基盤の応用開発が進みます。また多様なステークホルダーとの協働により、解析手法やデータ同化、予測モデル等を分野を超えて連結する試みも促進されるでしょう。これらを通して、自然界・人間社会の理解や予測に加え、得られた科学的知見が広くグローバルで共有される環境づくりが進みます。

研究・教育活動

  • 気候と社会経済活動の変化を考慮した流域管理モデルの構築
  • 風水害早期警報システムの研究開発
  • 国際サマープログラムの開催
  • 大学院講義「環境・災害データ・情報統融合学E」の開講
  • 書籍「水循環データ統融合学」の出版

詳しく読む 

教員

多様な分野のデータや情報をモデルによって統融合し、分野間連携を進めるワークベンチを企画、設計、開発するとともに、意思決定者がそれらを簡易に用いて意思決定に反映できる支援ツールを開発することによって、社会が抱えるさまざまな問題に対し、環境問題の解決や計画立案に資する調査・研究と教育活動を指導します。

小池俊雄 特任教授

ウェブサイト

水循環および水関連分野のデータや情報をモデルによって統融合し、分野間連携を進めて新たな価値を生み出す研究と、社会が抱えるさまざまな問題に対し、その解決や管理における意思決定を支援する調査・研究を推進し、水循環および水関連分野において、分野間連携、科学と社会の連携を支える学術基盤を構築します。

川崎昭如 特任准教授

ウェブサイト

水循環モデルの統合化を推進するとともに、国際コーディネータとして国際調整を担い、これらを学術基盤の構築を支援します。

Petra KOUDELOVA 特任助教

メンバー一覧

お知らせ

2016年7月25日-8月5日

国際サマープログラム:ビッグデータ時代における持続可能な水管理2016が開催されました。

世界中から集まった参加者の声を動画でご覧ください。

詳細はこちら

2016年3月1-2日

アジア水循環シンポジウム2016

これまでの地球観測の政府間部会(GEO)によって構築されたアジア水循環イニシアチブ(AWCI)やアジア河川流域機関ネットワーク(NARBO)の活動を踏まえ、またデータ統合・解析システム(DIAS)を効果的に用いて、 洪水や渇水の問題に焦点を当て、具体的な取組みを議論します。

詳細はこちら

 

お知らせ一覧 

スポンサー

本寄付講座は、2014年6月1日、日本工営株式会社の支援により開設されました。ビッグデータの統融合による社会インフラ開発分野への貢献とともに、学術研究者と実務技術者の提携により得られた研究成果が、広く実践の場で公開・活用できることを目指しています。

日本工営プレスリリース

東京大学大学院工学系研究科
社会基盤学専攻

寄付講座
水循環データ統融合の展開学

お問合せ
  • 〒113-8656
    東京都文京区本郷7-3-1
    東京大学本郷キャンパス
    工学部1号館113号室
  • TEL: 03-5841-6108
    FAX: 03-5841-6130
  • Email: wci@hydra.t.u-tokyo.ac.jp